見るだけで人生が好転する、開運・成功のサイト

パワーストーン 切れるときの意味は?対処法など

パワーストーン切れるときの意味って???
けっこう、腕輪・ブレスレット形式のパワーストーンをしているとブチっと切れるときってありますよね。
ホントは石そのものが切れるわけではなくて、結んでいたゴムや糸が切れるんですけどね・・・

 

 

特に自分自身、あなた自身が何か問題を抱えているときは、はじけるようにブチっと切れるときがあります。

 

はじけるようにパワーストーンが方々に散らばっていくので焦ってしまいますね。

 

 

ところが、このパワーストーンが切れる、というのには意味があって、何かのお知らせとか意味があるように解釈したり、極端に悪く解釈したりしないように意識が必要です。

 

また、ちゃんとパワーストーンとの関係と言いますか相性が合っていると、外で切れることは無くて室内で切れるようになります。

 

要はパワーストーンとあなた自身の人間関係ができているわけなんですね。

 

そして、たいていはちゃんと拾い集めることができて、全て元通りに揃えることができます。

 

ここで時々、1〜2個など見つからない時がまれにありますが、身代わりにあの世に消えてくれたので感謝して探さないようにしましょう。
また外で切れた場合は、見つからないストーンが必ずある場合が多く、この場合も身代わりになってくれた、と感謝すべき。
そして、石さんときちんと関係作りができていなかった、ただ単に付けていただけだった、なんて可能性もあるので、あなた自身が反省すべき点は反省して、今後につなげていきましょう。

 

 

ストーン自身にちゃんとパワーがあるときは、また霊的な、運命的な問題が解決したり回避できたりしたときは、ちゃんとこの世に戻ってきて、あれ???とありえない場所で発見できたりします。

 

この場合は、身に着けるかどうかはケースバイケースで様々ですが。基本的には迎え入れるようにしてあげて、処分などはしないほうが良いでしょう。

 

 

ただ単に散らばってしまった場合などは、結んでいたゴムが切れただけであることもありますので、ストーン自身に濁りや曇りなど変化ない場合は、そのまま再び結んでもらって使用してもらって差し支えないです。

 

また切れる、ということで「縁の切れ目だから」と解釈するパワーストーンショップやサイトがありますが、たしかに他の人と縁が切れる場合もありますが、その場合は必要あって暗示として知らせてくれている場合がほとんどですので、他のサイトで言われているように、そのまま自然に返す=処分する、ということはしないほうが良いと思います。

 

霊能者さんなんかに視てもらって、替えたほうが良い、と言われたら別ですが、悪い縁が切れただけの暗示で、ストーンそのものは元気であることが多いので、再び装着しても問題ないです。

 

装着しないほうが良い場合は、見えなくなってしまったり、拾っても割れていたりして、身に着けないほうが良いかな?と直感的に感じることができると思います。

 

 

石には意志があるといいますし、あなた自身がパワーストーンの力を十分に活用して幸せになってくれることを願ってやみません。

 

 


スポンサードリンク

パワーストーン 切れるときの意味は?対処法など関連エントリー

右手 左手 どちらにつけるのが良い?
パワーストーンの意味や相性を解説。パワーストーンをうまく使って人生を好転しませんか?スピリチュアルカウンセラーが贈る「見るだけで人生が好転する」サイト

ホーム RSS購読 サイトマップ